レガシー・フェスティバル!

 こんばんは、ダルシンです。また新しいフェスティバル「レガシー・フェスティバル」が始まりました!
 
 
 今回のアイテムは「最強の箱からしか手に入らないユニーク装備の武器」です。以前出たシュモクザメなどもありますが、取り忘れた方はこの機会にどうぞ!
 
 
 <テニスラケット>

 左が統率力、右がスクリームブーストの非常に使いやすい武器。使っていて失敗する可能性の低い武器で持っていないなら持っていても問題はありません。武器には統率力にしろ、スクリームにしろ最強装備のユニーク装備以外につく事はないので、両方を持っているこの武器はそれだけでとても貴重です。
 
 
 しかし実はこの武器一つだけ問題があるのです。それはプロリーグ装備「アレス・ソード」の存在。実はこの武器、プロリーグ装備に上位互換があるのです。2017年9月現在のプロショップでアレス・ソードが売っている為、この情報を元にいま手に入れるべきかどうかを判断すると良いと思います。当然プロ装備には他にも魅力的な装備があるので、これを用意する事でアレス・ソードを諦めて別のプロ装備を手に入れても良いですし、逆にアレス・ソードをショップ、もしくは箱から出ることを期待して、別のフェスティバル装備を検討するのも良いでしょう。
(最初プロショップにないと記載していましたが販売していました。確認を怠って申し訳ございません)

 
 <ペンシル>

 両方がブレードストーム強化の装備、ペンシル。ダルシンは最強の箱がアップデートされて初めて手に入れたユニーク装備がこのペンシルなので思い入れがあります。問題はこの装備がどれだけ使えるかという事。まずブレードストームですが、ブレードストームはダメージ強化があった方がいい装備なので、ブレードストーム中心なら意味があります。ライバルはシュモクザメ。ブレードストームやソニックブラストはヒーローの足が速いと効果時間中に速く移動していく事で多くの部隊や障害物に呪文を当てる事ができます。当てた後に逃げる、という事も必要なケースなので、シュモクザメに押され気味なのが現状ですね。
 
 
 <骨付きハム>

 両方が体力ドレーンのハム。食べ物を粗末にしてはいけません。実際の使い勝手は難しくなってきています。もともとそれほど使われていないのに、ヒールオーラが台頭してからは体力ドレーンの存在価値が一気に崩れてしまった為、このハムはいま安いはずです。お買い得。余談ですがグーグルで「骨つきハム」で検索をしたところ「十勝骨付ウデハム約3.8kg」というものを発見しました。これで殴られたら倒されてしまいそうです。なおお値段は11.500円だそうです。安くない。
 
 
 <ラバーカップ>

 幸運装備の必須アイテムですね。持っていなければ最優先で手にいれた方がいいでしょう。普段の戦いはまだ他のものでも何とかできますが、幸運装備の稼ぎはコレ一つしかないので持ってなければ絶対に用意するべきです。オンリーワンの存在は希少価値。やはりお高いのでしょう?余談ですがグーグルで「ラバーカップ」で検索をしたところ「ラバーカップ 大」というものを発見しました。これで殴られたら心が折れてしまいそうです。なおお値段は108円です。安い。
 
 
 <シュモクザメ>

 余談ですがグーグルで「シュモクザメ」で検索をしたところ「アカシュモクザメ」というものを発見しました。これで殴られたら命も潰れてしまいそうです。なお全長は430cm、体重152.4kgです。でかい。
 
 
 ・・・すいません、100万回目のいいね!フェスティバルでも書いたので割愛します(^_^;)
 
 
 <煉獄>

 両方がファイアーストームの装備、これでテンペストも怖くない!?必殺の装備です。その破壊力は実際頼りになるもので、自分も忍者イベントでは最強ライトニングなどを見越した時によく使用しています。ファイアーストームは忍者イベントを中心に必要になる事が多い呪文なので、やはりこれも一つ持っておくと大きな意味を持つでしょう。余談ですが少年ジャンプで一世を風靡した「るろうに剣心」でも「煉獄」が登場します。この煉獄は大型甲鉄艦の名前で悪役の大玉「志々雄真実」が「ま、この大型甲鉄艦”煉獄”には全財力の5分の3をつぎ込んだんだ(フ・・・)」と自信を持ってお届けした煉獄は、炸裂弾一発で沈むという最期を遂げます。フ・・・。
 
 
 <テスタメント>

 左がブリザード強化、右がスカルブーストの装備。同盟戦における一つのキー装備。ブリザードを重視したい局面は多く、特に強化するとしないとで使えるレベルに差がでるブリザード強化は大きな意味があります。その為、通常時で使う場合は2本目のテスタメントで右装備を別のものにするのも作戦でしょう。スカル装備は最近ファイアー強化の「杖」が出たのが悩ましいところ。いくつも育てるのはパール費用が嵩むのでできる限り決めうちしたいところ、最近のRR2はスカル装備に選択の自由が増えた為、何を育てるかは自身の育ててる呪文や部隊、プレイスタイルとよく相談して考えましょう。
 
 
 <マサムネ>

 左が統率力、右がパイロマンサー強化の装備。ドラコマンサー御用達の装備として考えるのがよいが、実はこの装備は個人的に思う問題があります。それは実はドラコマンサーの使用に向いていない、という事です(ぇ)どういう事なのか。左の統率力、ドラコマンサーは数を多く出す事でゲージを溜めて竜化に近く。となれば統率力は必要に見える。右もパイロマンサー攻撃力上昇はドラコマンサーを主軸にするにあたって撃ち合いで勝てるようになる。これも問題ないように見える。何が問題なのか、次の装備でお伝えしたいと思います。
 
 
 <サーティーン>

 左が初期士気上昇。右がソニックブラスト強化。これぞドラコマンサーを使うにあたり最良の装備だと思っています。上記のマサムネと比べて何が違うのか。まずは統率力と初期士気上昇について。ドラコマンサーを使うにあたり、ドラコマンサーだけを使うのではなくサポートとなる部隊も出します。これが僧侶であったり砲兵であったり狼であったり、は人それぞれですが重要なのは、ドラコマンサーは初期士気を使って早めに体制を整えないと最初に体制を整える時間がアダとなり時間切れで終わってしまう事が多い、のです。ともかく開幕ですぐに竜化できるくらいの勢いで初期士気が欲しいくらいです。僧侶やウルフを呼ぶのにも士気が必要なのもまた事実。それと統率力が欲しいなら鎧などでも代替えは効きますが、意外に初期士気上昇のある装備は少ないのです。プロリーグでいくつか出ましたけどね。
 
 
 もう一つの右のソニックブラスト強化ですが、ドラコマンサーを使うにあたって困らされるのが凍結スパイクの存在。竜炎でダメージは与えれますが、そんなに都合よく竜化できるものでもないですし、凍結スパイク破壊に時間がかかったり、もしくは破壊しないでスルーしていた・・・なんてことも。それならば対策としてオーガや砲兵もありですが、それだと部隊構成を考えたり士気の調整もしないといけません。ソニックブラストがあれば問題なく多くのスパイクを破壊できるでしょう。なのでドラコマンサーにとって相性のいいソニックブラストを採用する意味で、サーティーンは正にドラコマンサー御用達とも言えます。ドラコマンサーを使う場合はドラコマンサーを強化するよりも周りのサポートを強化した方が効率的に使えるのです。じゃあマサムネって何のためにあるかって・・・刀ってカッコいいですよね(見た目)
 
 
 <クレンコの復讐>

 左がアイスダメージ、右がスカルブースト。呪文にファイアーストームやブリザードを使わなければこれを装備する意味もあるのですが・・・昨今なかなかこの呪文を両方使わない、という構成は難しく、最強箱から出る「打撃の武器」ならば打撃ダメージになる。正直な話で「必ずこれ!」と採用する理由は難しい。あえて言うなら装備の見た目が痛そうだというくらいでしょうか・・・。そもそもクレンコって誰だよ、って思ったため、グーグルで調べたところカードゲーム「マジック・ザ・ギャザリング」のゴブリンの親分の名前がクレンコのようです。だからそれを採用・・・ってそんなワケあるかい。 
 

 という事で海外版のwikiから正式名称を拾ってきたところ「Krenko’s Revenge」(クレンコの復讐)まんまの訳だった。念の為「Krenko」でも検索をかけて見たところ、海外版の「マジック・ザ・ギャザリング」のクレンコ親分が出てきました・・・えーっと・・・なんだろうFlareの社員はマジック・ザ・ギャザリング好きなのかなぁ・・・。
 
 
 <アキ&エルドラク>


 今回はペットが2匹やってきました。なので持っていない方を選んでおくのがいいです。同盟の為ならば、敢えて防衛ビースト寄付としてどちらかを引いておくのもいいでしょう。アキは弱体化したとはいえ事故を期待できる防衛ビースト。エルドラクは一発のダメージが高いビーストなのでどちらも強化しておく事は必要。そういえば以前のフェスティバルでカイザーが出た時に上位同盟「Vanguard Legion」はフェスティバル中にカイザーの防衛ビーストを解除しました。対戦相手に防衛カイザーが出てきてあせったのは記憶に新しい(^_^;)
 
 
 というわけで皆様、今回のフェスティバルも必要なものを手に入れて強化しましょう(^ ^)自分は同盟の為にビースト寄付をしたいと思います( ´ ▽ ` )
 
 
 
 

Leave A Reply