防衛テストは大事。

 こんばんは、ダルシンです。
今年もいよいよあと2日です、Royal Revolt2のプレイヤーの皆様に大変お世話になりました。
来年もRoyal Revolt2を一緒に楽しめればと思います。
今回は防衛ネタの話でダルシンの主観による防衛の話です。
ユニットって色々いるけど、防衛にどんな兵士を組めばいいの?経路はどうすればいいの?という疑問が多いと思います。

 その前に「防衛」には大きく分けて2種類の防衛方法があることを確認しましょう。

 「ヒーローを倒す」「時間切れを狙う」の2種類です。

 たぶん皆様が意識して防衛を考える方法は前者の「ヒーロー(部隊)を倒す」ではないかと思われます。
中心となるのはタワーならスカルタワーやガーゴイルネスト(ガーゴイルタワーの戦争ブースト)
ユニットならウルフや砲兵やドラコマンサー(パイロマンサーのエリートブースト)が主ではないかと思われます。

 後者の時間切れは相手の部隊を遅くしたり耐久力の高いタワーやユニット・障害物で構成します。
中心となるのはタワーならライトニングタワー・スネークタワー、最近ではフロストタワーが強化されたので芽が出てきています。
ユニットならフロスター・気絶させるオーガ(オーガのエリートブースト)・絶望のミイラ(ミイラの戦争ブースト)フレンジフロストブラスター(ガンナーの戦争ブースト)が主ではないかと思われます。

 前者と後者にはそれぞれ長所と短所があります。
前者の長所は狙いどころがたてやすく構成しやすい事です。
特にエリートブーストや戦争ブーストのように特殊なブーストがかかっていて相手の遅延を誘発しやすい事を考慮すると
あまりブーストがかかっていない状態は前者の方が構成しやすいです。
短所は構成が単純化しやすいです。ブリザードに弱いものが多いのも特徴でしょうか。
攻撃された履歴にブリザードが多い人はおそらく前者の構成になっています。
また攻撃力を求めるユニットのため、黒魔術で奪われると厳しいものがあります。
シールドやトキシック・僧侶などで耐えきられてそのまま押し切られる事も多いでしょう。

 後者はともかく時間稼ぎを狙います。
相手の部隊を遅くするのも相手を弱めるのではなく1秒でも時間を削るためだと考えると構成のし甲斐があります。
長所はともかく相手の狙いを外しやすいことです。相手の部隊が倒せないと次第にあせりを生みます。
自分は黒魔術への対策はここにあると思っています。
例えば同じ遠距離攻撃ユニットでも砲兵を奪うのとフロスターやフレンジフロストブラスターを奪うのでは
何か違いがあると思いませんか?あれ。素のフロスターって攻撃に使えるっけ?とか。
短所は構成するためのパーツがほとんど特殊なブースト必須ということです。

 後者についての見本はパーツが揃っているときや自分の職工が落ち着いた頃に構成を作ってみたいと思います。上位の場合はテンペストタワーが必須である事もあり、まだその構成は作れません。目指せ同盟レベル65!( ;∀;)

 ですので前者でひたすら相手を倒す構成についてですが・・・
ポイントは障害物にあります。なんで障害物?と思うかもしれませんが
実はこの配置をしくじっていると防衛がうまくいっていない時があります。

 例えばよくあるパターンで第1ウェーブ。
第1ウェーブはウェーブの中で皆さんが一番育てるのに力を入れている所ではないでしょうか。
オーガとウルフで最初から相手を困らせたい(^◇^)
オーガ3体で相手を餅つきしてやりたい(*´з`)
だからほかのウェーブを後にしてでも育てる第1ウェーブ。
ですが、その第1ウェーブがうまく行くかは道中最初の障害物にかかっています。


 これはZ型ディフェンス経路でブロッケイド3つを最初に仕掛けた写真です。
第1ウェーブにオーガ・フロスター・オーガ・ナイト・ウルフと仕掛けてみました。
ではそうするとどうなるかこちらの写真をどうぞ↓


 オーガが元気にジャーンプ!!(^○^)

 たぶん何度も見かけてるし助けられた事とかありませんか?
防衛のユニットがバリケードやブロッケイドを飛び越えてる間にこちらが詰め寄って攻撃するパターンです。
黒魔術を使うにあたってもかなり有難いパターンです。飛んでる間に黒魔術を撃つと着地際に黒魔ゴーストが先に攻撃できたりもします(´;ω;`)

 また道中経路にブロッケイドやバリケードをいくつも配置すると攻撃側のウルフが飛び越えてどんどん先に行ってしまいます。
ライトニングタワーを仕掛けている時が最悪で
ウルフ単体にライトニングタワー3発を撃ってしまい
攻撃の本隊がたどり着いた時に何故かクールダウンしたライトニングタワーが・・・(>_<)

 折り返し地点には自慢のタワーを多く仕掛けて相手を倒してやろうという作戦。これをもっと厄介にする方法があります(^^♪

 まず第4ウェーブ~第9ウェーブまでに大型の歩兵ユニットを配置します。
この時にどのウェーブにどの兵士を仕込んだかを覚えておきましょう。
(例:第4・第7=オーガ。第5・第8=ミイラ。第6・第9=ウルフ)
遠距離攻撃をするユニットはチョークポイントで止まってしまいますが
大型の歩兵ユニットはそのまま経路を進んでいきます。

 次に自分がテスト攻撃し、折り返し地点に来た時にどのユニットが来たのかを把握しましょう。
その時のウェーブの部隊は大型歩兵を中心に構成すると折り返し地点でオーガが暴れたりウルフが吠えたりしてくれます。
ただしオーガとウルフでは移動速度が違うのでウルフを構成した時に本当にちゃんと来るか実験しましょう。
もし早めに来てしまったら1つ後ろのウェーブにウルフを配置しましょう。
折り返し地点のタワーがすごい猛攻をふるってくれます!(^^)!

 あとここでもブロッケイドなどの配置は注意が必要です。
折り返しで攻撃したり吠えてほしい時にジャンプしていては台無しです(´・ω・`)

 このように相手をせん滅する為の話が障害物1つで変わるのです。

 防衛については皆さんが育ててるタワーやユニットのレベルの都合があるため、皆様が自身でテストを繰り返すのが1番です。
今回の小ネタなどを時折頭に浮かべて経路をいじってテストしてみてください!

Leave A Reply